Torico-lore

稚野鳥子のお仕事、お買い物、インテリアやDollyとSyrupのこと、そしてアンティークショップ「Torico-lore」について...日々の徒然日記。

作画が休みの7月中にオンラインショップを立ち上げるぞ!と
重い腰を上げました(`・ω・´)

決済のページで色々選ぶのがよくわからくて
あと写真があんまりないので
とりあえずって感じで進めています。

8月の私の誕生日までにはなんとかアップしたいです!
まだ1日目なので手探りでやってます(´Д⊂)
デジタルにてんで弱いので...。
でも店頭にこられない全国のお客様を相手に商売できるわけですから
頑張ります!!☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

 

お待たせいたしました〜〜〜(*・ω・)ノ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
6月25日にクローバーtrefle9巻発売致しました。
ブログもご無沙汰してしまいまい申し訳ありませんm(__)m

今回は鈴木家の下の姉妹二人が表紙でガーリーな雰囲気になっております。
そして帯にありますように
クローバーシリーズが遂に1000万部を超えました!!
1000万部突破が一つの夢だったので
trefle続けて来てよかった...(´;ω;`)
だってこんなに部数の出る漫画は私、もう描けないと思うので。

昨年20周年を迎えたクローバーシリーズですが
もう少しお付き合い願えたらと思っております。
1975年生まれの沙耶や妃女子達
今はほんとはもう42歳なんですね...(柘植さんは7歳上のなので49歳...)
作中ではまだ2007年なので32歳、約10年前ですね。
なのでぎりぎりiphoneが発売されたくらいなので
作中では妃女子達はガラケーを使っています。

今回は篠崎部長が沢山出てきます。
奇しくも講談社の「月と指先の間」も川藤さんが50代。
毎月50代男性を描いていて、デビュー時にはこんなにおじさまを沢山描くことに
なるとは思いもしませんでした。
でも皆んなが年を取ればこういう漫画が出てきても当たり前なんですよね。
篠崎家は以外とだらしないというか整頓されてないごちゃごちゃした自宅なので
描くのは大変でしたが部長の人間らしさが出てるかな〜と思っております。

9巻の終わり方は衝撃(?)を受ける方もいるかもしれません。
10巻発売少しお待たせしてしまうかもしれませんが
楽しみにしていてくださいね!!

  _20180621_085908

4月13日金曜日「東京アリスgirly」1巻発売されました(*・ω・)ノ

カバーデザインは「月と指先の間」と同じデザイナーさんにお願いしました。
とても可愛い表紙になったと思います😊
月指はちょっとミステリアス(?)な雰囲気
girlyはその名の通りガーリーな雰囲気です。

お話は東京アリス15巻の最後からの続きとなっております。
ふうと奥薗さんの娘 里糸(りい)が主人公。
ふうの娘だけあってオタクな遺伝子は受け継いでいるようです(笑)
ヒカルちゃんと三一七も久しぶりに出て来ますよ。
理央の娘  すう(東ちゃん)は頭が良くてしっかりもの。
眼鏡っ娘ですが母理央に似て美人さんです。天パーはお父さん譲り。
円成寺の娘 杏樹は背が高く大人っぽい女の子。
小学生の途中までパリで暮らしていました。
みずほの娘 志帆は真面目で優等生な演劇部部長です。
赤ちゃんの頃東雲くんにあやされていた赤ちゃんが今は中二です。
このお話はふうが40代になったちょっと未来のお話ですが
そこまで未来っぽい描写は出てきません( ̄▽ ̄;)

4人の演劇部の女の子たちが
学園の文化祭で演じる「不思議の国アリス」を作っていきます。
それぞれの思春期の女の子たちの成長と共に。
大昔の自分の演劇部時代のことは思い起こしながら描きました。

里糸が出会う不思議な男の子とは...。
そして志帆が出会うのは本当の...。
すうは親達に振り回されて...。
杏樹は親子4代キアーラ女学院出身の円成寺家で...。

今月は大人組6人+子供組5人が出てきて
尚且つ文化祭で演劇部公演で描くのが大変でした😭
私の漫画いつも人数が多くて...。

演劇部の公演が始まる今月号のKiss本誌で1巻の続きが読めます!
是非25日に発売の本誌も読んでくださいね。
またコミックデイズから一話試し読みができます→girl1

IMG_0814



 

このページのトップヘ